がんばるお♪ウチの4男坊シャーたん!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの骨壷。。。
2008年04月10日 (木) | 編集 |
シャーたんとミーコを見送ってから、早1年以上が経った・・・。

次にペットパパさんのお世話になるのは
もっと先のことだと思っていたけれど・・・。

5年もの間、お外で世話してきたマミコをやっと保護できたと思ったのも束の間。。
突然・・・本当に突然にマミコは亡くなってしまった。。

一緒に暮らせたのは、たったの1ヶ月しかなかった・・・。

残念でならない。。。


今回もペットパパさんに火葬をお願いした。


予約の時に、以前もお世話になったことを伝えると、骨壷の識別ができるように
ペンダントのようなものがあるので、お持ちしますね・・・と仰ってくださって とても感激した。

そして。。
マミコの火葬の日に、シャーたんとミーコとマミコの分のペンダントを持ってきて下さって
実物を見て、ますます感激してしまった!!

こんなに可愛いのっ
(縮)(縮)表面


押し花が入っていて、ペットパパさんの手作りなんだそう。。。
本当に感激でした。。


裏面は貝殻のようになっていて、文字が書けるようになっていたので
みんなの命日を書いてみた。。
(縮)(縮)裏面



左から。。。シャーたんミーコマミコのお骨・・・。
(縮)(縮)(縮)P1000588



ペットパパさんの温かい心遣いに、本当に感謝の気持ちでいっぱいだ・・・。

シャーたんもミーコもマミコも、ちょっぴりおめかしして。。
天国で自慢してるかな・・・

スポンサーサイト
久しぶりの更新!!【追記あり】
2007年07月14日 (土) | 編集 |
ものすごーく久しぶりに。。10月分のシャーたんをupしてみました(o^∇^o)ノ
台風が来てることだし。。ゆっくりPCタイムなぞ・・・ってことで♪

これからも少しずつupしていこーっと!!

・・・って。。まだ2日分しか書いてまへんがな。。…( ̄◇ ̄;)

10月1日分はこちら♪

10月2日分はこちら♪

まだ元気だった頃の。。

まだ触らせてくれなかった頃の。。。

そんなシャーたんです

【追記】
10月3日分もupした~♪
こちら♪です(o^∇^o)ノ
おかえり・・・シャーたん
2006年12月21日 (木) | 編集 |
このブログはシャーたんのためのブログだから、今まであまり書いてこなかったけど
私が初めて飼った猫で13年と4ヶ月ずっと一緒に暮らしてきたミーコが
am2:36に息を引き取った。
シャーたんを看取ってから、わずか16時間後のことだった。

ミーコの食欲と元気がないのが気にかかり、病院に連れて行ったのが
12月7日・・・。
それからちょうど2週間後に死んでしまった。
お腹にたくさん腹水を溜めたまま・・・。
FIP(猫伝染性腹膜炎)が本当に憎い。
ミーコの亡骸


ゆうべはシャーたんのお通夜をしようと思ってた。。
シャーたんのそばにいて、いっぱいお話しようと思ってたのに・・・。
ミーコが深夜0:30頃から様子がおかしくなり、それから2時間後に亡くなり
シャーたんを、寒い和室の部屋でずっと独りぼっちにしてしまった…。
あんなに頑張って生きてきたシャーたんなのに・・・
最後にたっくさん「えらかったね♪」って撫でてあげようと思ってたのに・・・。

シャーたんとの時間が取れないまま、朝を迎えた。
そのことがものすごく無念でたまらない・・・。
シャーたんがかわいそうで・・・申し訳なくて・・・心が痛い。

この家で過ごす最後の夜を 一緒にいてあげられなかったことで
今までシャーたんと過ごしてきた日々が、すごく後悔の残るものになってしまった。。
本当に残念でならない・・・。
せめて、もう24時間ずれてくれてたら。。。
そう思わずにいられない。。

シャーたんの火葬は、昨日のうちにペットパパというところにお願いの電話をしてあって
午後2~3時に来てくれることになっていた。

ミーコの火葬をどうしようか迷ったけれど、今日。。シャーたんと同じ日に
火葬していただくことにして、朝方メールでお願いしておいた。

ペットパパはいわゆる「移動火葬車」で、自宅から遠く離れずに
荼毘に付していただけるところがとてもいいと思っていた。
猫友達2人もここにお願いしたことがあって、すごく温かな対応でよかった…という話を聞き
ずっと前から「万が一、何かあったらここにお願いしよう…」と決めていた。

午後2時少し前。。予定通りペットパパの方が到着された。
自分で呼んだくせに、一生来てほしくないような気持ちがあって
「もうすぐ着きます」とお電話いただいた時には「あぁ・・・来ちゃったのか。。」と
ペットパパの方に失礼なことを思ってしまった・・・。

ウチから歩いて30秒ほどの坂の上に、3ヶ月ほど前に団地が取り壊された空き地があって
そこでできたらいいなぁ~と思って提案させて頂いたら、快諾して下さり
シャーたんが元気な頃、歩きまわってたテリトリーの中でお空に昇っていくことができた。

この空き地があったおかげで、家から遠く離れずに済んで・・・
シャーたんもミーコも喜んでくれたと思う。。
空き地で・・・

火葬場所の空き地から見える風景・・・。
高台にあるから眺めがいいのです。。
火葬場所からの風景

ウチの斜め前の小さな公園・・・。
天気のいい日はここで日向ぼっこしてたね・・・シャーたん。。
遊んでた公園

ふと見ると、ウチの2件隣のお宅のところに、マミコとゴンちゃんが
きちんとお座りしているのが見えた。
まるでシャーたんを見送ってるかのようで、ますます泣けてしまった。
見送るマミコとゴンちゃん

シャーたんとミーコの身体は、この中で骨になった。
火葬中

シャーたんの火葬が1時間ほどで終わり、小さな白い骨壷に入ったシャーたんを
連れて帰るとき、マミコとゴンちゃんはまだ同じ位置にいて
シャーたんを迎えてくれた。
ずっと待ってたマミコとゴンちゃん

クロたんはウチの隣のお宅の車の下にいた。
クロたんは車の下で。。

ミケたんとチビは、行きはいたのに帰りは姿がなかった。

シャーたんの火葬が終わり、骨になったシャーたんを
ヨッタと2人で骨壷に大事に入れていった。
いちばん最初に骨壷に入れる骨は、ヨッタとあたしと2人で箸で持ち
そっと入れてあげるよう教えていただいた。
「天国への橋渡し」というのだそうだ。
ペットパパの方が、すごく骨格のしっかりした立派な猫ちゃんですね…と言ってくれて
それがとても嬉しかった。。シャーたんも喜んでくれてたと思う。。

「この辺りのボス猫だった仔なんですよ…」と言うと
「では、かっこよく仕上げてあげましょうね☆」って
骨壷を白いサテンの生地でキレイに…そして、凛々しく包んでくれた。
カッチョよくしてもらってよかったね♪シャーたん・・・。

シャーたんのお骨あげが済んで・・・次はミーコの番だった。

ふたりが昇っていった空・・・。
午後から雨の予報だったけれど、なんとか天気はもってくれた。
神様・・・ありがとう。。
ふたりが昇った空

シャーたんのお骨とお供え。。
シャーたんのお骨

ミーコのお骨とお供え。。
ミーコのお骨

ミーコの忘れ形見・・・。
火葬した後の犬歯と、荼毘に付す前に尻尾の毛を少しだけもらったもの。
キティちゃんの袋の中には、部屋の中に落ちていたミーコのヒゲと爪のさやが入ってる。
ミーコの忘れ形見

シャーたんの犬歯も取っておけばよかった・・・。
毛も切らせてもらえばよかった・・・。後悔ばかりが残る。
シャーたんの顔から剥がれた大きなカサブタを、記念に取っておこーと思って
ティッシュで包んで和室の引き出しにしまってあるのだ☆
今度キレイなケースを買って、そのなかに入れてあげようと思う。

ふたりの骨壷を並べて、リビングのソファの横に祭壇を作った。。
ここならいつも一緒にいられるよ
いつもそばにいるよ

他の4匹の猫達からの防御のために、アクリルの板で囲ってみた。。
ふたりの祭壇


シャーたんのブラッシングの動画・・・。
やっとupすることができそう。。
ほんっとにただただブラシしてるだけで、なーんにもおもしろいことないし
画面は暗いし、初めて撮ったムービーでカメラを色々動かしたりして
とっても見づらいんだけど。。
可愛いシャーたんを、よかったら見てあげてください。。
(ただただ無意味に長いから、飽きたら途中でやめてくだちゃい^^;)

☆11月20日撮影☆。。まだお顔にカサブタがいっぱい…



10月分のシャーたんの記録をちっとも書けていないので
時間を見つけて少しずつupしたいと思ってます。。
シャーたんの写真がたっくさんあるので。。。

今はなかなか気持ちの整理がつかないけど
頑張って生きていたシャーたんのこと・・・
たくさんの人に見てほしい。。知ってほしいと思う。。

このブログにシャーたんの記録を残したことは
見た目はこんな悲惨な状態でもケアしてあげられるんだよ☆ってことを
どこの誰でもいいから知ってほしかった…という気持ちがある。

今後どこかで、シャーたんのような、目を背けたくなるくらい
ヒドイ状態の顔や身体の仔に出会ったとき
どうか手を差し伸べてあげてほしい・・・。。
そんな思いで、悲惨な患部の画像とかも載せていました。。

シャーたん。。ホントにすごく頑張ったもん
大好きだよっシャーたん
シャーたん…永眠
2006年12月20日 (水) | 編集 |
昨夜もミーコとシャーたんの様子を交互に見守りながら朝を迎え
ヨッタが起きたのと入れ替わりに、あたしはお風呂に入った。
もう2日間一睡もしていなかったから、今日は少し寝ようと思って
寝る前にシャーたんの様子を見に行った。

真夜中に見守っていた時より明らかに呼吸が荒くなっていた。
口を開けて苦しそうにして、患部側ではないほうの目は開いていたけど
その目はすでにどこも見ていない・・・もう意識はここにない・・・
そんな目をしていた。
それが朝8時頃のこと・・・。

それから2時間45分ほど、シャーたんは苦しそうだった。
お腹が上下する動きが時々とまって、呼吸もとまることがあった。
でも、また「プハーッ」っと大きく息を吐き出して鼓動が再開する。
そんなことが10回以上はあったろうか。。

何度も何度も「死んじゃったの?!」と思うことがあって
ホントの最期がすぐに判断できなかった・・・。

猫を(…というより動物を)看取るのが初めてだったあたしは
これが安らかな最期だったのか、苦しんだ最期だったのか
その時には分からず、少なくとも「眠るような最期」ではなかったから
苦しんだのだと思っていたけど、あとから色々聞くと、そんなに苦しい最期ではなかったみたい。。

シャーたんは目も口も開いたまま絶命して、あたしが泣いてばかりで
すぐに閉じてあげられなかったせいで、とても苦しそうな死に顔になってしまった。
ごめんね・・・シャーたん。。

こうしてるのを見ると、いつもみたいに寝てるだけのように思えて。。
毛布の下でお腹がまた上下してるんじゃないかと思えて。。
最期の寝床で・・・

・・・でも、シャーたんは本当に動かなくなってしまった。。

頑張ったね・・・シャーたん。。
本当によく頑張った・・・。
シャーたんはあたしの誇りだよ。。

9月26日に保護してから3ヶ月間・・・
6日間も1滴の水も飲まず、ごはんも一口も食べず。。あの時は本当にもうダメだと思った。。
触らせてくれるようになってからは、シリンジ給餌してあげられたり
お顔をキレイにしてあげられたり、輸液してあげられたり
ブラッシングしてあげられたり、たくさん撫でてあげることができて
「やっとケアしてあげられた」という思いでいっぱいだった。

あのまま触れない仔でいたなら、きっともうすでに死んでしまってただろう・・・。。
シャーたんが触らせてくれるようになったのは、まだ生きたかったから・・・。。
。。そうだよね?シャーたん。。

生きてる間に、手足やお腹をキレイにしてあげられなかったのが
かわいそうだった・・・。。
お手てなんて、ヨダレが垂れたのがどんどん固まって厚くなってしまって
手がつけられないくらいだった。。
長い時間触ってると不機嫌さんになってきちゃったから、軽く拭くくらいしかできなくて。。。

遺体を洗っていいものかどうか迷ったけれど
寝床でそのままチッコもンコもしちゃってたシャーたんを
天国に送り出す前にキレイにしてあげたくて
アンヨとお尻とお腹を少しだけ洗ってあげた。。
温かいお湯をかけてると生き返ってくれるような気がして
いっぱい話しかけたけど、やっぱりそんな奇跡は起こらなかった。

ペットシーツで水気をよく拭いて、シャーたんの旅立ちの準備をした。
患部のほうと、そうじゃないほうのどちらを上にするか迷ったけれど
患部じゃないほうの目が開いたままだったのが切なくて
目が閉じてる患部側を上にすることにした。。
旦那くんにお花を買ってきてもらって、シャーたんの身体をキレイに飾って
いつもしてたみたいに、頭をイイコイイコして。。たくさん撫でた・・・。
冷たい・・・とても冷たい頭だった。

シャーたんの亡骸


明日の午後・・・シャーたんは荼毘に付される。。.
いよいよなのかな。。
2006年12月19日 (火) | 編集 |
今朝からシャーたんがいきなり体調下降気味。。
顔の患部の穴は4ツに増えて、元々あった穴も少し広がり始めてた。
P1110724.jpg

シャーたんの身体はすごく冷たくて、呼吸も浅い。
いよいよダメなのかもしれない・・・と
いつも心の片隅にあった「覚悟」を気持ちの前面に持ってきた。

でも、午後になって少し持ち直してきて
身体も起こすようになった。
シャーたんの底力はホントにすごいっ!!
あたしの手枕で気持ちいいねぇ~♪ってしてるとこ
P1110719.jpg

夜になったらまた少し下降線・・・。
輸液をしても、状態は上がらない。。
P1110700.jpg

呼吸は苦しそうではないのがまだ救いかな。。

もう充分すぎるほど頑張ってきたシャーたん・・・。
「シャーたんはすごいねぇ~!」・・・
「ツラかったらもう頑張らなくていいんだよ」・・・
「また会えるからね。。心配しなくていいよ」・・・

何度も同じ言葉を繰り返し話しかけてる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。